【不動産】区分所有か、1棟ものかどちらを選ぶべき?

 

「これから不動産投資を始めたいんだけど、区分所有がいいのか1棟ものがいいのか」という質問をいただきます。

なお、1棟ものとは、アパートやマンションをまるごと1棟所有すること、「区分所有」とは、アパートやマンションを1棟まるごとではなく、一部の部屋を所有することで、要は「バラ売りの物件」です。最近の不動産投資の書籍や雑誌の中には、「絶対に区分所有がいい」とか「1棟ものでないとだめ」とか、極端に偏った物件や所有方法を推奨するものがあります。

しかし、区分所有がよいか、1棟ものがよいかは、その人の財産状況によって違います。また、今後の資産形成をどのようにしていきたいかということを理解したうえで判断することも大切です。区分所有と1棟もの、それぞれのメリットとデメリットを理解してから検討することが必要です。

これから不動産投資を始める人に私がおすすめしているのは、まず「区分所有のマンション」の購入からスタートすることです。初心者がいきなり、1億円のマンションをまるごと購入するのは、現実的とはいえません。ほとんどの人は躊躇するでしょうし、銀行からの融資を引き出すのも簡単ではありません。

しかし、区分所有の中古のワンルーム物件であれば、数百万円で購入することができるので、ハードルはかなり低いといえます。私の地元の岡山県であれば、最低200万円台の物件も数多くあります。初めて物件を購入したいというお客様が、私の会社に相談にいらしたときは、数百万円のワンルーム物件を全額自己資金で購入することをおすすめしています。自己資金ゼロで、全額銀行から借りるという選択肢もありますが、不動産投資の初心者が満額融資を受けることは簡単ではありません。

銀行の立場になってみればわかりますが、どんなに物件がよくても、不動産投資経験がまったくない、いわば素人に融資するのはリスクが高いといえます。ですから、「まずは実績をつくる」という意味でも、自己資金でまかなえる範囲の区分所有物件を買うのが賢明な選択といえます。また、区分所有マンションは比較的、立地のいいところに建っている物件が多いので、1棟ものの物件に比べると選別しやすいのも特徴のひとつです。

おすすめの記事