業種別ETF東証には、数多くの国内の業種別ETFが上場されている

業種別ETF東証

例えば機械セクターの企業のみを保有するETFや電力・ガス会社のみを保有するETFなどです。基本的に、これらを買うことはあまりおすすめしません。景気循環の局面において、あるセクターのパフォーマンスが他を上回ることもあれば、そうでないときもありますが、何十年という長期のスパンでみた場合に、特定のセクターのアウトパフォーム・アンダーパフォームの予測は容易ではありません。

たとえば、直近好調であったセクターも、政府による規制を受けてパフォーマンスが悪化するという場合もあるでしょう。また、これらの業種別ETFは、TOPIX連動型ETFに比べて手数料が0.1-0.2%程度高くなっていますし、流動性も一気に落ちます。よほどの自信があれば別ですが、業種別ETFに投資すべき強い理由はないと考えます。

おすすめの記事