緊張は使い方を覚えれば武器になる!アドレナリンをうまく使おう

緊張は使い方を覚えれば武器になる

「ピッチのとき、どんなふうになるのですか?」

続いて私はたずねた。

「脈が上がり、両手に汗をかき、胃のあたりがうずいて、両脚と声が震えます」「なぜそうなるのですか?」「そりゃあ、緊張するからですよ!」「それはわかっています。では、なぜ人間は緊張するんでしょう?どうして身体に影響が出るのか?汗をかき、脈が上がるのには、理由があるはずです」「ふうむ、言われてみれば。動物は緊張する生きものなのでしょうか。生存本能が働くのですかね」「そのとおり。緊張するのは、生き延びたいという欲望が出たときです。ライオンに遭遇したガゼルにも、同じメカニズムが働きます。マンモスに遭遇した原始人にも。

現代人の場合は、女性をダンスに誘うときや、就職面接を受けるとき、そしてもちろん、重要な会議でも。うずくような感覚は、アドレナリンによるものです。

これから受ける痛みを和らげ、筋肉の準備をするのです。汗が出るのは、これから戦うことによって起きる肉体的なこわばりに備えて、体温を調節するためです。脈が速くなるのは、直後に起こる戦いに備えるためです。筋肉に酸素が必要になりますから。緊張は、戦いの準備なのです。緊張することで、行動を起こす準備ができる。緊張が、あなたの神経を研ぎ澄まし、集中させるのです!」

私は、緊張という感情が、合理的で、実際に役に立つことを説明した。

「次に緊張したときには、この緊張を利用してやろう、と考えると、緊張を軽減することができますよ。緊張感を歓迎すべきです。受け止めてください。緊張がやってきたら、にっこり笑って『ようし、いいぞ』と思うのです。これで最高の戦いの準備ができる、と。スポーツ選手や経営者には、わざと緊張して、その感覚を積極的に利用する人も多いんですよ」

「では次に、あなたが手がけたピッチのベストスリーを思い出して、私に教えてください」

ニルスはにやりと笑って少し前のめりになり、熱心な口調で、よい結果が得られた話を聞かせてくれた。過去の成功について話すと、気分がよくなるものだ。ニルスは話しながら、自分のパフォーマンスがよかったことに改めて気がついた。ピッチは完璧とはいかなくても、なかなかの出来だった。

少なくとも、自分が考えていたよりも上出来だった。意識をネガティブなほうに向けるか、自分を成長させるほうに向けるかを選ぶのは、自分自身なのだ。しばらくしてニルスは、ピッチへの苦手意識をなんとか解決できると確信した。人生を俯瞰で見ることで、この状況が生死を分ける問題ではないことに気がついた。自分を意識的に褒めることで、心にかかった霧が晴れていくのが感じられた。

そのおかげで、少し強気に出られるようになった。また、過去のタフな体験やいい結果を出したことをイメージするのも同様の効果があった。緊張感は、過度ではない限り、意義深い役割を果たしてくれるのだと気がついたのである。

「次回のピッチはいつですか?」私はたずねた。

「三週間後です。ドイツの広告代理店との重要な会議があります。うちの銀行から四人で行くのですが、相手方は、CEOとCFOのほか、二、三人が来ます」

「その人たちと、面識は?」

「CFO以外は全員、お会いしてます。CFOは最近就任したんです」

「彼らのオフィスに出向いたことは?」

「ええ、何度かありますよ。数年前に仕事をしたので、会議を行う部屋も知っています。役員室です。高級感のある部屋です。眺めが素晴らしくて」

「現地までの移動手段は?」

「飛行機を使い、本社まではタクシーです」

「そうですか!ところで、これまで会議の準備といえば、取引内容についてでしたか?どんなパフォーマンスをして、どんな印象を与え、ミーティングの最中にどんな気分でいたいかについては、準備しませんでしたね?」

「ええ。内容さえしっかり把握していれば、プレゼンはうまくいくはずですし、それが自分にできるベストですから」

「確かにそうですが、準備にはイメージトレーニングも加えるべきです。今のあなたには、いいイメージが想像できるだけの素晴らしい基盤ができました。これまで一緒にお話しした内容を活用してください。そして、ドイツでの次回のピッチのイメージの視覚化をはじめましょう。まずは、前日の夜について教えてください」

「私たち銀行の人間で、プレゼンの内容について話し合うと思います」

「それ以外に、会議までの移動や、会議本番、会議の目的について話すべきです。誰がどの順番でどんな話をして、あなたがどの席に座るのか。新任のCFOのリサーチは誰がするのか。会議での彼の役回りは?挨拶は誰から先に?最初の数秒間に誰が何を言う?会議では、誰を取り込むことが重要ですか。誰のほうを向いて話しますか?座り方、目配せの仕方、身振り手振りは?声の調子や大きさ、抑揚は?プレゼンの最中に話をさえぎられたり反論されたりしたら、どう対応しますか?誰がどの質問に対応しますか?重要な質問にはどう切り込みますか?最後はどうまとめますか?退出するとき、相手にどんな気持ち、アプローチ、態度でいてほしいですか?」

「それから、人間は自分の話をしたがるものです。チャンスがあれば、相手の話を引き出して、少々自慢させてください。上手に質問をして、相手の会社の職場環境の良さや、最近の成功例の話をさせるのです。すると相手は、知らず知らずのうちにあなたに好意を持つでしょう。「CFO以外は全員、お会いしてます。CFOは最近就任したんです」

「彼らのオフィスに出向いたことは?」

「ええ、何度かありますよ。数年前に仕事をしたので、会議を行う部屋も知っています。役員室です。高級感のある部屋です。眺めが素晴らしくて」

「現地までの移動手段は?」

「飛行機を使い、本社まではタクシーです」

「そうですか!ところで、これまで会議の準備といえば、取引内容についてでしたか?どんなパフォーマンスをして、どんな印象を与え、ミーティングの最中にどんな気分でいたいかについては、準備しませんでしたね?」

「ええ。内容さえしっかり把握していれば、プレゼンはうまくいくはずですし、それが自分にできるベストですから」

「確かにそうですが、準備にはイメージトレーニングも加えるべきです。今のあなたには、いいイメージが想像できるだけの素晴らしい基盤ができました。これまで一緒にお話しした内容を活用してください。そして、ドイツでの次回のピッチのイメージの視覚化をはじめましょう。まずは、前日の夜について教えてください」

「私たち銀行の人間で、プレゼンの内容について話し合うと思います」

「それ以外に、会議までの移動や、会議本番、会議の目的について話すべきです。誰がどの順番でどんな話をして、あなたがどの席に座るのか。新任のCFOのリサーチは誰がするのか。会議での彼の役回りは?挨拶は誰から先に?最初の数秒間に誰が何を言う?会議では、誰を取り込むことが重要ですか。誰のほうを向いて話しますか?座り方、目配せの仕方、身振り手振りは?声の調子や大きさ、抑揚は?プレゼンの最中に話をさえぎられたり反論されたりしたら、どう対応しますか?誰がどの質問に対応しますか?重要な質問にはどう切り込みますか?最後はどうまとめますか?退出するとき、相手にどんな気持ち、アプローチ、態度でいてほしいですか?」

「それから、人間は自分の話をしたがるものです。チャンスがあれば、相手の話を引き出して、少々自慢させてください。上手に質問をして、相手の会社の職場環境の良さや、最近の成功例の話をさせるのです。すると相手は、知らず知らずのうちにあなたに好意を持つでしょう。

おすすめの記事